この記事は247で読めます。

ビルクリーニングのフランチャイズビジネスとは

清掃イメージ

清掃業の商売をする時にビルクリーニングという選択肢があります。
自分でビルクリーニングをするときには現金を用意して店舗もレンタル、社員育成から薬剤や機材の調達も行う必要があるので大変です。
今無店舗状態かつ資金が少なくてもビルクリーニングで開業したいならフランチャイズを利用するのがいいでしょう。
これはビルクリーニングを行っている本部に加盟をして経営のノウハウや清掃ビジネスの知識を教えてもらえるサービスです。

基本的に無店舗状態でも利用できるところが多く使い勝手が良いといえます。
お店は本部が設置してくれる以外に自宅を改装して店舗にしてくれるところもあるので多くのニーズに対応できるのが魅力です。

よく3K労働という言葉を耳にする人は多いでしょう。
これは「きつい」「汚い」「危険」の文字を短縮したもので肉体労働を行う仕事を指します。
新3Kとしては「給料が安い」「帰れない」「きつい」という言葉もあるので仕事は大変です。
ビルクリーニングのフランチャイズは基本的に売上が上がるとそれに応じて給料も上がっていくため頑張り次第でいい生活をすることができます。
また本部が経営スキルやノウハウを伝授してくれるだけに最初からイージーモードで営業できるのも魅力です。

リスクも大幅に少なくやりがいのある仕事なので検討してみるといいでしょう。
市場規模の大きい本部の看板を使うことができるため最初からお客さんをたくさん集める事ができるのメリットです。

ビルクリーニングの現場は良い環境?

卓上研修

低資金で利用できるうえに市場規模も広いのがビルクリーニング業者です。
現場の環境はかなり良く都会では多くのビルがあるのでお得意様を確保しやすいのがメリットとなっています。

基本的にビルクリーニングを行う時は資格を持っていると多少有利といえます。
スキルを身につけているだけにすぐに作業を出来るからです。
フランチャイズでは資格は一切必要なく取得をしていない未経験の人でも清掃ビジネスを始められる環境が構築されています。

フランチャイズ本部が社員研修を数日間行ってくれるので知っておくといいでしょう。
これは卓上研修を行いフロアコーティング研修から住宅建物の研修知識を身につけられます。
またクリーニング研修では基礎から学びエアコンや洗濯機の分解作業、清掃をプロが指導してくれる環境が整っているので安心です。
上記の研修による現場ではスタッフがすぐ作業の取り掛かることができるのでスムーズに仕事ができます。

クリーニングの仕事はやりがいがある

清掃員のイラスト

クリーニング業といえば掃除をするので汚れるイメージがある人もいるでしょう。
掃除をやり終えた後は現場がきれいになるので達成感とやりがいのある仕事内容となっています。
専用のつなぎを付けているので体が汚れる心配もなく清潔な仕事です。
ビル内のエレベーターホールやトイレ、駐車場を掃除することにより社員やクライアントが喜んでくれるの必見といえます。

基本的に室内の作業が多い仕事なので雨風にさらされるリスクもなく快適に作業できる現場となっているのも魅力です。

関連記事

  • 主婦

    ビルクリーニングの求人事情を探る

    ビルクリーニングの求人事情を探る ビルクリーニングの求人情報を見ると、他の募集とやや異なる点が目につきます。 年齢・性別が不問、ミドル層が活躍というのがどこでチェックしても書かれているはずです。 実際に自分自身でビルクリーニングスタッフを思い浮かべていただければ、ショッピング施設や病院、オ...

    続きを読む

  • 掃除道具

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い 商業ビルやオフィスビル、複合施設ビルをはじめ病院施設やホテルなどビル設備全般をきれいにするビルクリーニングはどういったものかについて説明していきます。 ビルクリーニングは、ビル管理のオーナーやテナントのオーナーからフロア清掃やカーペットの洗浄...

    続きを読む

  • ビル清掃の画像

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは?

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは? 都市部には大きなビルが立ち並んでいて企業など多くのテナントが入居しています。 住宅として個人の方が利用しているケースもあるでしょう。 多くの人が出入りする建物ですから汚れや問題が発生することもしばしばあります。 それでも利用している人たちが安心し...

    続きを読む

  • 資金

    ビルクリーニングのフランチャイズで独立・開業の選択

    ビルクリーニングの独立・開業の選択肢 ビルクリーニングをする時に必要なものは自己資金です。 これがないと機器や店舗の設置、人を雇うことが出来ないので必須と言えるでしょう。 手っ取り早く独立開業をしたいときはフランチャイズという選択肢が使えます。 本部は従業員の育成から人脈作りの他にスキル...

    続きを読む