この記事は242で読めます。

ビルクリーニングの独立・開業の選択肢

資金

ビルクリーニングをする時に必要なものは自己資金です。
これがないと機器や店舗の設置、人を雇うことが出来ないので必須と言えるでしょう。
手っ取り早く独立開業をしたいときはフランチャイズという選択肢が使えます。

本部は従業員の育成から人脈作りの他にスキルの提供してくれるので経営者にかかる負担は少ないです。
スキルに関しては本部がすでに持っているものを利用するので自分で一から学習する時間を大幅に省ける、これにより独自開業のように営業開始までの時間がかかりません。
能力や知識を身に付けるための経験をしなくてもいいのは画期的と言えるでしょう。

独立と比較をしてみるとメリットは多く店舗の設置代金も本部が対応してくれます。
またすでに本部が知名度を持っているので自分で独立開業して人脈を増やす作業も必要ないです。
これによりスタート時点からイージーモードで営業できるので集客力を気にする必要もありません。

利用者が用意するものといえば加盟金だけです。
また利益が出れば本部にロイヤリティを支払うだけなのでわかりやすいと言えるでしょう。
基本的に売上が上がると利益も増えるのでやりがいのある仕事を求めているのならビルクリーニングがおすすめです。
従業員や経営者が頑張れば頑張るほど徳のある仕事となっています。
ビルクリーニングだけでなく一般の家庭や施設にも対応しているのでお客さんは多いです。
独立開業と比較すればメリットが多いので選択肢に入れてみるといいでしょう。

清掃経験を積むメリット、デメリット

清掃バイト

フランチャイズ経営をする前に清掃経験を身に付けると仕事がしやすくなるといえます。
例えばアルバイトでもクリーニングの知識がある程度持っていると仕事の段取りを素早く行うことが可能です。
手早くきれいに掃除をする事ができるので1つの建物にかかる時間も少なくて済みます。
効率よく案件をこなしていく事ができるので必然的に1日の掃除回数も多くなる、これにより売上げアップを見込む事ができるでしょう。

薬剤の知識も多くどこにどの洗剤を使用して掃除をすれば良いのかも把握しやすいです。
汚れの落とし方もわかっているので本部からの研修もスムーズにこなす事ができるのがメリットとなっています。
掃除の知識が多いとお客さんのニーズに対応できるので融通が利くサービスを提供できるのも強みです。
フロアコーティングの知識やエアコンクリーニングの知識が身につくので退去時の原状回復依頼を受けることができます。
結果的に取扱うメニューも多くなり仕事の幅を増やす事ができるのが魅力です。

逆に清掃業務の経験を積むデメリットですが研修にあるといえるでしょう。
ビルクリーニングのフランチャイズをする時に本部から指導を受けます。
各会社には独自の方針やテクニックがあるので以前アルバイトで他の会社の経験を積んでいるとちょっと面倒です。
今まで行っていたテクニックが他社では通用しないといったデメリットがあります。
癖がついてると抜けるまで時間がかかるので手間取る可能性もあるでしょう。

 

関連記事

  • 掃除道具

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い 商業ビルやオフィスビル、複合施設ビルをはじめ病院施設やホテルなどビル設備全般をきれいにするビルクリーニングはどういったものかについて説明していきます。 ビルクリーニングは、ビル管理のオーナーやテナントのオーナーからフロア清掃やカーペットの洗浄...

    続きを読む

  • ビル清掃の画像

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは?

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは? 都市部には大きなビルが立ち並んでいて企業など多くのテナントが入居しています。 住宅として個人の方が利用しているケースもあるでしょう。 多くの人が出入りする建物ですから汚れや問題が発生することもしばしばあります。 それでも利用している人たちが安心し...

    続きを読む

  • 資金

    ビルクリーニングのフランチャイズで独立・開業の選択

    ビルクリーニングの独立・開業の選択肢 ビルクリーニングをする時に必要なものは自己資金です。 これがないと機器や店舗の設置、人を雇うことが出来ないので必須と言えるでしょう。 手っ取り早く独立開業をしたいときはフランチャイズという選択肢が使えます。 本部は従業員の育成から人脈作りの他にスキル...

    続きを読む