この記事は238で読めます。

ビルクリーニングの求人事情を探る

主婦

ビルクリーニングの求人情報を見ると、他の募集とやや異なる点が目につきます。
年齢・性別が不問、ミドル層が活躍というのがどこでチェックしても書かれているはずです。
実際に自分自身でビルクリーニングスタッフを思い浮かべていただければ、ショッピング施設や病院、オフィスビルなどで働いている人は中年、またはそれ以降の年齢が多く、老齢といっても過言ではない人もいます。
実際に働いているスタッフを見かけることで、よくある建前ではなく、実際に高い年齢層でも採用されていることが分かります。

その他にチェックしたいポイントとしては学歴不問、副業やWワーク可能といったものです。
自由度が高いことが分かり、主婦や主夫も対象にしています。
企業によっては副業やWワークを禁止されているところも多く、はっきりと問題ない、可能と記載されているのは珍しいです。
給料や雇用形態、資格所持などに関しては他の企業と同様で、正社員はもちろん、アルバイトからパートまで募集されています。

地域差に関してはやはり都心部の給料が高く、地方は低い傾向にあり、資格の有無によって昇給の可能性が出てきます。
一見すると給料は低くはありませんが、口コミをチェックすると仕事内容の辛さに対して低いというのが実情です。
しかし一方で清掃機器の進化により以前よりは体力や筋力を使わずにすむため、女性はもちろん、ミドル層やシニア層でも楽に行えるようになり、働きやすい環境が作られています。

なぜ年齢層が高いのか?

考察中

ビルクリーニングの求人情報を見ると年齢層の高さに特徴があり、地域に関わらずミドルからシニア層が多数働いているのが現状です。
その理由として高層ビルの増加により慢性的な人手不足で、若者層だけでは数が足りず、ミドルやシニア層も対象にしています。
実情としては若者が欲しくとも必要数が集まらない、そこで年齢層を上げているわけです。

さらにビルクリーニングは昼間だけではなく夜間も働くことができるので、大学生のバイト先としてよく利用されます。
そのため定年を迎えた後に、若い頃の経験や実績、資格を活かして再就職、そして能力に応じて昇給が近付くので選ばれやすいのが特徴です。

雇用形態も正社員だけではなく、アルバイトやパートといった非正規も対応しており、副業やWワークに対応しているので使い勝手が良くなっています。
短時間の労働でも採用が可能、働きやすさがある職種です。
特に少子高齢化が進み、年金が不足している昨今では定年退職を迎えても働かなければ生活ができませんが、人によっては再就職先に悩まされてしまいます。

ビルクリーニングは清掃機器の進化により体力や筋力をそれほど必要としなくなり、さらに高層ビルの増加で人手不足が続いている昨今、高齢層でも比較的採用されやすく、働きやすいです。
若い頃にバイトとして働いていた経験を持っている、資格を取得している人にとっては勤めやすくなります。
そういった事情で、年齢層が高い傾向にある職種です。

 

関連記事

  • 主婦

    ビルクリーニングの求人事情を探る

    ビルクリーニングの求人事情を探る ビルクリーニングの求人情報を見ると、他の募集とやや異なる点が目につきます。 年齢・性別が不問、ミドル層が活躍というのがどこでチェックしても書かれているはずです。 実際に自分自身でビルクリーニングスタッフを思い浮かべていただければ、ショッピング施設や病院、オ...

    続きを読む

  • 掃除道具

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い

    ビルクリーニングとハウスクリーニングの一番の違い 商業ビルやオフィスビル、複合施設ビルをはじめ病院施設やホテルなどビル設備全般をきれいにするビルクリーニングはどういったものかについて説明していきます。 ビルクリーニングは、ビル管理のオーナーやテナントのオーナーからフロア清掃やカーペットの洗浄...

    続きを読む

  • ビル清掃の画像

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは?

    清掃を含む、ビルメンテナンスの実情とは? 都市部には大きなビルが立ち並んでいて企業など多くのテナントが入居しています。 住宅として個人の方が利用しているケースもあるでしょう。 多くの人が出入りする建物ですから汚れや問題が発生することもしばしばあります。 それでも利用している人たちが安心し...

    続きを読む

  • 資金

    ビルクリーニングのフランチャイズで独立・開業の選択

    ビルクリーニングの独立・開業の選択肢 ビルクリーニングをする時に必要なものは自己資金です。 これがないと機器や店舗の設置、人を雇うことが出来ないので必須と言えるでしょう。 手っ取り早く独立開業をしたいときはフランチャイズという選択肢が使えます。 本部は従業員の育成から人脈作りの他にスキル...

    続きを読む